5月23日『古澤ひかり』が発売されました。2018年現在、どう見渡したって無類の音楽。そのユニークさ、ぜひご自身の耳でお確かめを。

「美しいだけじゃなく、ごりっとした塊のある歌。凡庸な女性SSWとは全く対極に位置する個性を打ち出した、とんでもない傑作。」(徳永憲ライナーノーツより)

「糖度0%のチェンバー・フォーク」(ミュージック・マガジン誌アルバムピック・アップより)

「すでに愛聴盤。もう20回以上聴いている。」(日高市まるさんかくコーヒー4月23日ツイートより)

古澤ひかり『古澤ひかり』
発売日 2018年5月23日(水)
品番 NGCA1059
定価 ¥2,381(+税)
→amazon

声楽出身のSSWによる、チェンバー・フォーク歌曲集。自作曲に、古典声楽曲、アメリカ民謡、武満徹の歌曲等を交え、ギターを爪弾きながら歌うスタイルと唱法の妙。渡辺等が全13曲中8曲で様々な弦楽器演奏&アンサンブルを披露。小島麻由美、古澤利人 (テノールシンガー) を迎えての混声ハーモニーを収録。徳永憲によるライナーノーツを掲載。

【収録曲】
 01. あなたがいれば
 02. 孤独の部屋
 03. 朝を待つ
 04. Star Vicino (マンチャ)
 05. いとしのクレメンタイン (モントローズ)
 06. ちいさなこども
 07. ブルームーン
 08. 針葉樹
 09. 小さな空 (武満徹)
 10. わたしの湖
 11. 野ばら (シューベルト)
 12. River
 13. Ave Maria (シューベルト)

【参加ミュージシャン】

 渡辺等 (コントラバス, チェロ, マンドリン)
 清水光一 (コントラバス/ STOMPi&Swing Labo, ex.モアリズム)
 高尾俊行 (パーカッション)
 小島麻由美 (コーラス)
 古澤利人 (コーラス)